院長のブログ

小山薫堂さんが宮崎でプロデュースするなんて、もはや奇跡的なこと。

この方が考えると、きっとどんな流行っていないお店や、企業でも途端に右肩上がりになる気がしてしまいます。名プロデューサーといったら、誰をおもい浮かべますか?

 

はい、何人かは、秋元康さんを思い浮かべるのでは?

 

お店のシェフにきいたのですが、うしのみやのグランドオープン前に、小山さんがなんどもメニューの検討をしてきたらしいのですが、ある日小山さんと同席して、メニューの検討会をしたのが、

小山さん、シーガイアの親会社の一番お偉い方、そして秋元康さんだったらしいのです。

 

小山さんと秋元さんって日本のエンターテイメントのトップの2人じゃないですか。そんなお客の前で焼いているシェフは、なんてハートが強いのか・・・。

 

『うしのみや』で奇跡的に予約がとれたら、必ず18時指定でお店の前に集合します。6席しかないお店で6人全員が同時にスタートするシステム。

 

いきなりカウンターに座る前に、一度待合室のソファーに座り、コンシェルジュから説明を聞きます。

コンシェルジュ:「皆様、今日は小山薫堂プロデュース『うしのみや』にようこそお越しくださいました。

まずは、準備体操をしていただきます。」

 

ラジオ体操を思いうかべる私。

 

コンシェルジュ:「最高のお肉をより美味しくいただけるように、特製の青汁を飲んでください」

IMG_1535[1].JPG

 

 

 

10数種類の野菜や果物の入ったとってもおいしい青汁。

IMG_1536[1].JPG

 

 

 

 

 

お肉への期待が高まります。

コンシェルジュ:「では、これより皆様をお肉の旅へとご案内いたします」

 

これはまさにディズニーランドなどのアトラクション待ちの説明DVDのよう。

いったいどんな旅行なんだ!「お肉の旅」って。

6人が順番に席についていきます。これは運なのですが、隣り同士が結構近いので、隣人に恵まれなかったら、ものすごーーーく残念。多少話をせざるを得ない環境なので、おとなりさんがいい人なら、楽しみを共有する同志みたいなものです。

 

ナプキンと箸置きにまず感動。(鼻の部分が箸置きね)

IMG_1537[1].JPG

 

食材を見せていただいて・・・・・。松坂牛より、神戸牛より、上の評価の宮崎牛↓

IMG_1538[1].JPG

 ホンジャマカの石塚さんが、もっとも美味しい牛肉は宮崎牛だと言ってましたね。

まずは前菜から。

 

肩ロース 「肉の花」と焼きパルメザン、その下に隠れているクリームチーズ巻きバジル味噌風味

IMG_1542[1].JPG

 

 

そしてまるで、高級な寿司屋のカウンターのように、すこしずつ、丁寧に、料理が出てきます。

 フィレ↓

IMG_1543[1].JPG

 うしのみやサラダ↓

IMG_1544[1].JPG

 

IMG_1545[1].JPG

 

 

IMG_1546[1].JPG

 

 絶品、ほほ肉の赤ワイン煮込み↓

IMG_1549[1].JPG

 

 

IMG_1550[1].JPG

 これ、そうとう好き!佐土原ナスのソテー 牛時雨煮のせ↓

IMG_1551[1].JPG

 

 一口おにぎりがついてきます。(薫堂さん、やっぱりわかってる!!!)

IMG_1552[1].JPG

 コンソメ↓

IMG_1553[1].JPG

 

 

焼いている姿は、一つのエンターテイメント。

 

IMG_1554[1].JPG

 

IMG_1555[1].JPG

 

 

シェフの一挙手一投足に、ドキドキ。BGMをあえてなくしたお店で聞こえるのは、

お肉を焼くジュージューという音と、シェフの柔らかいトーク。

シェフの心臓の音と、我々客の高揚した気持ちが、音として聞こえそうなほど、ちょっとした緊張があります。

IMG_1556[1].JPG

 

 

IMG_1557[1].JPG

 

 

IMG_1558[1].JPG

 

 タジン鍋の中身は・・・・

 IMG_1559[1].JPG

 

宮崎牛ローストマト すき焼き

IMG_1560[1].JPG

 

 すき焼きの残ったスープで、たまごうどんか、

IMG_1561[1].JPG

 

玉丼を選べます。 

IMG_1562[1].JPG

 

 

IMG_1563[1].JPG

 

「 女子はスィーツが大切なんじゃ!!」 by  大人女子 嫁

全部ウマーー。

IMG_1564[1].JPG

 

宮崎では高級なお値段ですが、同じクオリティを東京で味わうときっと3倍はするでしょう。

 

 

人を良くすると書いて『食べる』↓

 IMG_1584[1].JPG

 

今後間違いなく、宮崎飲食店のトップに名を連ねるであろう名店の予感

それが『うしのみや』

IMG_1583[1].JPG

 ここは、宮崎牛のワンダーランド。あっぱれ

▲このページの先頭へ

ブログがオープンしました。