院長のブログ

5日が誕生日だった私。

今更、誕生日っていっても、子供の時のようにワクワクなんてしません。

29歳から30歳になったときや、40歳になった時の瞬間のように、ため息的な感覚ももはやありません。(あかん、これはあきらかに精神的な老化現象だ!)

 

まあ、そうなんだけども、うちの奥さんが奮発してくれて

シェラトンに9月オープンした

宮崎牛の『うしのみや』に行ってきました。

 

ここは、元祖 『料理の鉄人』 のプロデューサーであり、くまモンの仕掛け人である

あの小山薫堂氏が、プロデュースしたお店です。

 

いつも思うのですが、宮崎は素材にものすごく恵まれているのに、その素材に頼りすぎてしまっていて、新たなる名物料理が出てきません。

2期連続日本一の『宮崎牛』、

3大地鶏に負けない『地頭鶏(じとっこ)』

『カツオ』といえば全国的には高知県が知られていますが、宮崎はその高知に二倍近い差をつけて、近海カツオ一本釣りで日本一の水揚げを誇ります。

 

『マグロ』10トンクラスの船が主力の沿岸マグロはえ縄漁でも日本一、19トンクラスの近海マグロはえ縄漁でも第2位の水揚げとなっている、いわばカツオ・マグロの王国。

その他『伊勢海老』も有名。

野菜や果物は言うまでもあらず。

 

でもでも、でも 食べ方というのが画一的で残念なんだなあ。

地鶏だったら 炭火焼かチキン南蛮

宮崎牛だったら、焼肉か鉄板焼き

 

個人的には鶏なら 絶品親子丼とか、鶏鍋、

牛なら、すき焼き、牛丼、しゃぶしゃぶ、牛カツとか、もっとあってもいいはずなのに、あまりないんですよ。

もったいない・・・・。

 

話を戻しますね。

 

『うしのみや』は予約がなかなかとれません。宿泊客なら3ヶ月前から、食事だけの客は1ヶ月前からしか予約できないんですね。

今はまだ、宮崎県人に知られていないので、奇跡的に私たちは予約出来ましたが、今後はもうなかなか厳しいかも。

 

 

値段は、そりゃあ結構いいお値段です。アラカルトなしのコース1種類のみ。

カウンター6席のみで、子供は御法度。

 

でも、でも、もっと予約がとれなくなる前に、ぜひ行っておくことをおすすめします。記念日に奮発して・・・・・・。

 

                    つづく

 

 

 

 

 

 

 

▲このページの先頭へ

ブログがオープンしました。