院長のブログ

今日は朝からインプラントのオペでした。インプラントのときは他の予約をすべてストップして1人だけのアポイントになります。オペ自体は40分から90分程度なんですが、準備やあとかたづけに時間がかかるからです。3本の埋入で、一部骨がありませんでしたので、人工骨をいれたり、骨造成用の膜をいれたりと、やや時間がかかりました。術中痛みもなく、問題なく終了しました。さて今さらながらですが、このブログは歯科のことばかりではなく、私の日常をただ思いつくまま、気の向くまま、かってに気ままにかいているものです。いつも気をつけているのは、歯科の専門的内容にしないこと、誰かが嫌な気分になるような内容にしないこと。押し付けがましい、一方的な内容にしないこと。下品な内容にしないこと、誹謗中傷をしないこと、などなど。で、今回この内容をのせるか迷ったのですが、あまりにショックでしたので、のせることにしました。アクアに古い友人Kさん(とはいっても65歳の方)から封書が届いていました。大学時代、トレーニングジムで知り合った人です。そのKさんを中心に6、7人のグループでよく、Kさんのお店でお好み焼きをたべたものです。手紙にそのグループの1人が先日亡くなったとかいてありました。40代。彼は全日本クラスのボディービルダーでしたので、そりゃもう、ムキムキ。腕なんて、私の脚くらい。一般女性がみるとひくくらいのすごさ。テレビでいうと、なかやまきんにくんを,もっともっとすごくした感じなんでしょうか?もう7年くらいあってないのですが、そのころよりかなりすごい筋肉になっているときいたので・・。7年前、福岡で飲んだときも、街あるいてて、ビラ配りのおにいさんたちが、「すごいですね」とか「プロレスラーですか?」といってさわってきたくらいです。そんな屈強な彼が亡くなりました。突然倒れたのだそうです。Kさんの手紙には「人生はどうなるかわからないんだ」、ということ、「親兄弟を大切にするように」ということ、そして「お前には幸せな人生をおくってもらいたい」という言葉でしめられていました。この手紙を読んで、40歳の私は、残り半分?の人生をどう使うか?、どう社会貢献できるか?深く考え、反省し、せつない気分になったのでした。  

 

▲このページの先頭へ

ブログがオープンしました。