院長のブログ

IMG_1164[1] うちの息子ももう3歳になりました。

彼のおかげで、家族は毎日、笑ったり、泣いたり、怒ったり、喜んだり。

夫婦双方の親と兄弟をよんで、自宅で盛大にパーティー

 

宮崎のフレンチのベルエポックさんにケイタリングしていただきました。

テーブルセッティングから料理の準備、後片付けまで全部お任せ。グラスまで準備してくれるんですもの。IMG_1157[1]

 

小さい子がいると外食しにくくなるので、このケイタリングはオススメです。デザートまでついて5000円~(サービス料10%別途)IMG_1163[1]IMG_1162[1]

プレゼントもたくさんもらって彼は幸せだ。

 

私からは絵本をたくさんプレゼント。「かしこい子に育てよ!」(笑)

 

・・・で恒例の彼へのお手紙

今書いたものが未来の指定した日にとどくというもの。1歳からはじめてことしで3回目

それぞれ書いた日の10年後にとどくように指定しています。

今は3歳だから、書いた手紙が届くのは、中学1年の3月。春から中2になる時期です。

 

私が考えるに男の子のターニングポイントになる年齢は小学4年と中学2年だと思っています。

大人になる階段のステップが他の時より、2段も3段も高いと思うのです。

私は中2の彼とちゃんとむきあえるかどうかわからないですが、今彼に対して思っていることを手紙に書いて、10年後それをよんで何かを感じてほしいんです。10年後は言えないようなこともいまだったら言えるから。

 

まあとにかく、彼を愛していることをたーーーぷり書いて封をしました。

これ、いちおう最低10年(彼が20歳になるまで)はつづけようとおもっているのですが、どうなるやら。

もし10年後私が死んでいたとしても、誕生日ごとにオヤジからのメッセージがとどいたらおもしろいと思いませんか?

 

このシステムオススメです↓

 

http://npo-mirainet.com/

▲このページの先頭へ

ブログがオープンしました。