院長のブログ

はやいもので、3月6日、長男が2歳の誕生日をむかえました。

IMG_2373[1]

毎日毎日が大晦日のごとく、てんやわんやしております。

おばあちゃん2人と、義妹にきてもらって2歳の誕生会。
私たちからは、プラレールの踏切(電車は買ってません)と救急車のおもちゃ。
最近彼はこういう音のなる機械や、乗り物に興味があるのです。

みんなからもたくさんプレゼントをもらいました。彼は幸せだ。

遅くで結婚した私は、高校生のお子さんのいる同い年の人にこういわれたことがあります。

「うわーー、今から子育てって大変だね!!」って。
勿論、息子が20歳まで私が生きているかどうかわからないので、そういう意味では多少不安はあります。

でも、ひとより楽しみを遅くまでとっておいたんだよ、羨ましいでしょ!って思っています。
これから、幼稚園や小学校にいくのも楽しみだし、私が還暦のころにおとずれるであろう彼の思春期だってうけてたってやる(笑)

昔から私、弁当のオカズは好きなものを一番最後まで取っておくタイプなんです。
老いてからの子育て = 唐揚げまたは、赤ウィンナー    (笑)

1歳の誕生日からはじめ、10年間は続けようとおもっていること。
10年レター。

2歳の誕生日に父母で手紙をかいて、10年後に長男にとどくという手紙。

今思っていることを10年後に伝えるのです。

いちおう彼が10歳まで、つまり20歳にとどく手紙までは続けようと思っています。

インターネットにそのホームページがあります。長期保管してくれて、5年後とか、10年後とか指定した日に発送してくれます。
その団体が10年後どうなっているかわからないし、私がいきているかもわかりませんが、なんか夢があるとおもいません?!

とりあえず、「大好きだよ!」って書いときました。10年後はきっと生意気になっているでしょうけどね。

▲このページの先頭へ

ブログがオープンしました。