院長のブログ

巷には、色々な電動歯ブラシ発売されていますね。

 

3000円くらいから、2万円をこえるものまで。

では、どんなものがいいのでしょうか?そして電動歯ブラシってほんとうにむし歯や歯周病の予防になるのでしょうか?

 

 

患者がその使用方法をきちんと教育されていれば、普通の歯ブラシとくらべると明らかに効果があることが報告されています。

ですから、電動歯ブラシをつかっているかたは、ぜひ歯科医院に持参して使い方を指導してもらうべきです。

それから、手の不自由な方や、歯ブラシの下手な方、矯正治療中のかた、インプラントなどの複雑な口腔内のかたなどにはとてもいいといわれています。

 

アクアでは、電動歯ブラシの最高峰だといわれている『ソニックケア』をおすすめしています。

有名なところでは、ブラウンとか、プリニアとかいろいろありますが、なぜソニックケア推しなのか。

 

はっきりいってソニックケアが価格では一番高額です。

ソニックケアが一番汚れがとれるということを昔から聞いていたから、ずっとこの商品推しなんです。

・・・が私、最近まで知らなかったんです。

 

本当に他の電動歯ブラシと差があるのか?ということ。

 

歯周病の専門医の船越先生から聞いたのですが、ほかの電動歯ブラシと全然違うのだそうです。

 

ソニックケアは音波で歯垢をおとすのですが、その音波にはもっとも歯垢がおちる波数が決まっていて、

その領域の波数の特許を持っているのが、ソノックケアを開発したPHILIPSという会社らしいのです。

 

つまり他のメーカーは、歯垢がもっともおちる音波の真似ができないのです。

 

ってことで、値段は高いけども、アクアはソニックケアを患者さんにおすすめしているわけです。

 

 

注意点。先日ドラッグストアにいったら、ものすごく値段の安いソニックケアを発見しました。

これ買うくらいなら普通の歯ブラシの方がましかも↓

IMG_1246[1]

 

メーカーに直接お問い合わせしたら、ドラッグストアのものは一般的なものと比較すると、振動数が半分くらいで、全然歯垢の落ち方がちがいます!だそうです。

 

▲このページの先頭へ

ブログがオープンしました。