院長のブログ

先月参加した、元の勤め先の院長先生の喜寿のお祝い。

何かお祝いを差し上げたいなあと考えていて、まよった挙句先生がお生まれになった年のワインをプレゼントすることに。

いろいろ探したんですが、院長先生が好きそうな赤ワインのフルボディやミディアムボディは私が買えるようなお値段ではなく、最低でも1本20万円以上で100万円とか・・・。

お手頃なのは甘口のデザートワインしか手にはいらず、ちょっと本意ではなかったのですが、それをプレゼントさせていただきました。

そんななか70年前のワインで一番高かったのがこれ。

http://item.rakuten.co.jp/auc-fmjshop/1945drc/

AASXJGHGKUF

歴史的ワイン[1945]DRCロマネコンティ/DRCRomaneeConti【ジェロボアム3000ml】【即納品可能】

歴史的ワイン[1945]DRCロマネコンティ/DRCRomaneeConti【ジェロボアム3000ml】【即納品可能】

歴史的ワイン[1945]DRCロマネコンティ/DRC Romanee Conti【ジェロボアム3000ml】【即納品可能】

商品番号 1945DRC

価格 100,000,000円 (税込 108,000,000 円) 送料別

お買い物の前に3,000ポイントゲット!

残りあと1個です

ロマネコンティは、1945年までブルゴーニュで唯一接木をしないフランス古来のぶどう苗木からワインを造っていたが、第2次世界大戦の混乱から、畑の維持が困難となり、45年を最後に植え替えが行われ、52年のヴィンテージまで生産されなかった。1945年は皮肉なことに、ヨーロッパは戦争の大混乱の中、20世紀稀に見る好天気で、ぶどうは最高の実りだった。人手が無く放置されていたが、終戦と同時に残ったぶどうでワインが作られた。特にフランス各地では量は少ないものの稀に見る高品質のワインが出来た。特にロマネコンティは通常の半分以下の収量となった。逆に品質は20世紀最高に品質と言われている。約600本足らずの内、現存するものも僅か。ジェロボワムは4本造られたうちの1本となる。【参考:ワイン・エンスージアスト

消費税だけでも払えん・・・。

しかも送料くらい込にしておくれよ!と思ってしまった。

▲このページの先頭へ

ブログがオープンしました。