院長のブログ

この業界、狭い世界で、知り合いの知り合いという感じでたどっていくと、大概その人の知り合いという先生につながります。

たとえば、自分は直接しらない先生とコンタクトとりたかったら3~4人の先生を仲介すればつながっていきます。

 

歯科医って横のつながりがけっこうあって、セミナーや飲み会でいろんな先生とつどう機会が多く、情報交換も密だからです。

 

これは医科ではそう簡単にはいきませんね。医科の先生って診療科目が違うと、セミナーや学会もちがいます。

昨今ではより細分化された診療科目になったため、専門科目いがいの治療は普通はしません。

歯科の場合、とくに一般歯科医は、外科も小児も矯正もインプラントも全部するという歯科医は結構多いんです。

 

ちなみにうちの親戚(随分前に亡くなった)は、産婦人科医でしたが、開業していた場所がド田舎だったため、

産婦人科 内科 外科 皮膚科 小児科 放射線科という診療項目を看板にあげひとりでやっていました。

 

島などの診療はいまでもそういう「なんでも科」的なことをしなければいけなくなります。

 

 

さて、↑で歯科はつながりが広いといいました。

だから歯科医がニュースにでるようなことがあったり、芸能活動するとすぐ同業者の話題になります。

 

・・・で何かあると、(例えば犯罪とか・・・)

かならず自分の周囲の歯科医が「あっ、その先生しってるよ!」

その先生、学生時代はこうだったよ!」とか、

「セミナーの懇親会でこうだったよ!」なんてすぐ話題になります。

 

いまのところ私は犯罪をおかす予定はないのですが(笑)、なんかあったらすぐネットで晒し者になるんでしょうねぇ。

 

交通事故だけはくれぐれも気をつけるよう自分にいいきかせています。

 

 

 

▲このページの先頭へ

ブログがオープンしました。