院長のブログ

ちょっと前のことですが、福岡に歯周病の研修にいってきました。

講師の船越先生は、歯周病の世界では、たぶん日本のどの歯科医師にきいても3本指にあげるだろう有名な方です。

1ドルが360円だったころから

ご自分でルートをさがし、単身アメリカに渡ったのです。そのころはアメリカ人はアジア人をみて「日本人か?」という考えがなく

皆チャイニーズと思われるような時代だったそうです。海外に普通の日本人がいく時代じゃなかったんですね。

そのころのお話も聞かせてくれます。

 

船越先生が業界でどんな存在かというと、野球でいう野茂英雄(先駆者)のようでもあり、王貞治(世界の)ような感じだとおもいます。

偉い先生って正直感じ悪い人も多いんですね。私が質問したら完全無視されたインプラントの偉いさんもいます。

でも船越先生って、本当に懇切丁寧で人格もすばらしい方だと思います。

 

「実るほど頭をたれる稲穂かな」

 

こんな歯科医師になりたいものです。

私、カラオケが大嫌いで絶対に歌わないのですが、懇親会の2次会で船越先生自らトップバッターで郷ひろみを歌われて、こっちにまわってきたら断るわけにはいかないでしょ。私、この10年でカラオケ歌ったの2~3回だけ。

 

世界の船越先生↓

DSCN0068[1]

・・・で今回の実習は歯ぐきの移植です。上あごから歯ぐきを切開して他の場所に縫い付けるオペ

 

 

 

模型で練習して、

 

IMG_0082[1]

 

そのあと豚ちゃんの顎で練習

IMG_0112[1]

1日中 豚ちゃんのお肉とにらめっこ。

嫁がこの写真みて、肉が食べれなくならない?と聞いてきました。

 

学生時代、人体解剖の実習で、初めは食欲がなくなっていましたが、終わりの方になると焼肉も大丈夫になります。

今回、豚実習していてお昼休憩に無性に食べてたくなって、食べたものがこれ↓

 

 

AASGFIY

 

 

カツ丼。(笑) 一般の人からみたら頭おかしいと思われるかも。

歯周病のコースが終わるまであとすこし。ちょっと寂しい。

▲このページの先頭へ

ブログがオープンしました。