院長のブログ

【サミット】

 

サミット無事終わりましたね。

そのあとオバマさん、広島訪問。

私、そのニュースみてぼろぼろ泣いちゃいました。

何に感動したか。

 

かつての戦争でそれぞれの国が、「あやまれ!」「「謝罪しろ」なんてののしりあっていますが、

世界一悲惨な武器をつかわれた日本人、そして実際に被ばくしたひとたちが

「あやまってほしいとか、そういうことじゃない!広島にきてもらってその悲惨さを伝えてもらいたいのです」

と涙ながらに語っていたことです。

 

もちろんオバマさんに直接会う人は、へんなこという人間はえらばれないでしょうけど、事前調査でも70%以上の日本人が「あやまってほしいとはおもわない」と答えていました。

 

もう、なんて日本人ってすごいんでしょ。こんな民族世界のどこ探しても見つかりませんよ。

そんなことかんがえて感動し涙したのでした。

 

まあでもはっきり言って戦争も、核も絶対になくならないことは大人ならみな知っています。

ジョンレノンが『イマジン』を発表したころ、反戦運動をしており、その時は自分たち、民衆の力で戦争はなくせるのだ!と真剣に思っていたのだそうですが、のちにそれは理想論、机上の空論であり実際にはぜったい不可能なことだと悟ります。

だれも言ってませんが、私の持論。

確実に核兵器をゼロにできる方法がただひとつだけあります。

 

何だとおもいますか?

 

 

答えはただ一つ。

 

 

核兵器より、はるかに破壊力があり、作り方、使用方法、コスト面を簡単にクリアできるスーパー兵器が開発されたときしかないんじゃないでしょうか?

 

核はぜったいになくならないという皮肉ですけどね。

 

銃撤廃できない国が、核をすてれるわけないって。

 

【小2児童行方不明】

子どもがいうことをきかないからしつけとして、山林で車からおろしたら、子供がいなくなった事件。

もうほんと、同じ男の子をもつ親としてほんと気の毒。

いや、親の気持ちもわからないでもないです。

もちろん、息子にそんなことをしたことはないですが。

 

日々、子育てで戦っています。

ちいさい子供は大怪我するような危険なことしたり、お店や他人に迷惑をかけるようなことをしたり、もう本当に気がやすまる時間がないくらいですよね。ウチは一人だからまだしも、兄弟が何人もいたらもう大変です。

うちだって、息子がお店の一か所から動こうとせず、駄々をこねたとき、「じゃあパパとママはもういくよ!」といって2~3歩あるくふりをします。そうすると、「いく!!」といっていうことを聞きます。

そういう方法が子育てとしてはいけないことだとは思いますが、苦肉の策なのです。

 

行方不明の子の親御さんもきっと、ほんのちょっとこらしめて言い聞かせようと思ったのではないでしょうか?

こういう事態になったから周りからひどい親だとか、虐待だとかいわれますが、

あまり親御さんの悪口をいわないでほしいな。

元気でてきたあとも、親に対するネットの悪口は残りますからね。それで子どもがさらに傷ついたり、いじめの対象になってしまうかもしれませんから。

 

元気で出てきてほしいですね。

 

追記:昭和40年代生まれの私は、子供のころ、悪いことをすると、親父からおしりをたたかれるとか、夜中、木に縛りつけられるというようなことはしょっちゅうでした。だからこんなひねくれた性格になってしまいました。

 

▲このページの先頭へ

ブログがオープンしました。