院長のブログ

全国の歯科医師がいいたいこときっとたくさんあるんですよねぇ。私もこの職業の悪口報道ばかりで、もうほんとウンザリなんです。

歯科医師がテレビやネットで話題になるのは、

 

歯科医師が犯罪をおかしたときや、

歯科医師は今や儲からない職業だ!とか、

インプラントなどの自費治療に関するトラブルや批判など

 

ほとんどはイメージの悪いネガティブな話題ばかりです。

それらの情報の半分位は、うそだったり、盛りすぎているものが多いです。

 

なんでこうなってしまったのだろう?

 

U.S NEWSで、2015年度のよいとされる職業ランキングが発表されました。職業の成長率 給与 求人率 ストレスレベル ワークライフバランスなどを考慮して決定しています。

アメリカにおける良い職業第一位は『歯科医師』だったのです。すべての職業中ですよ。

日本ではどうでしょう。2015年は子供のなりたい職業200位以内にさえはいっていません。進路指導の先生も「やめたほうがいいよ」なんていうんですって。

日本では医師は人気がありすばらしい職業だと世間一般から思われていますが、歯科医師はなにか随分と格下あつかいになっています。(昭和40年代 50年代のお医者さんは、「歯医者 眼医者が医者ならば、蝶蝶、トンボも鳥のうち」なんていっていたんですって。生死と遠い科目は格下といってたらしいです。汗)

 

医師>歯科医師という考え方は、世界的には必ずしも一般的ではなく、歯科医師のほうが人気の国もたくさんあります。

 

なのになんでこうも叩かれるのかねえ・・・。いいたいこと山盛り。つづく

▲このページの先頭へ

ブログがオープンしました。