院長のブログ

なんどか話しましたね、宮崎人のコンプレックス

宮崎県はご存知のとおり、かなりの田舎です。交通の悪さから、九州では7県の中で陸の孤島と呼ばれています。

鹿児島や熊本は新幹線がとおりましたし、長崎、佐賀、大分は、福岡までわりと早く行けます。

 

宮崎は、サーファーや、ゴルファーには天国ですし、2月のキャンプ時期には多くのプロ野球選手やJリーガーと簡単に間近であえるチャンスがありますから、田舎といえども魅力的な場所だと私は思っています。

人口は110万人で47都道府県中、36位  57万人の鳥取からすると倍ぐらいの人口はいます。

面積は14位

ですから、ど田舎といっても、日本一田舎だとは県民は思っていません。(たぶん)

 

しかしながら、宮崎人が他県のひとと「どっちが田舎か!」という宴会での話になったとき、決定的に「シュン↓」となってしまうことがあります。以前もいいましたね

「だって宮崎は民放が2局しかうつらないでしょ!」

 

そう宮崎人をぎゃふんと言わせたいならこの一言なのです。宮崎人にとっては、新幹線より、オリンピック招致より、なにより欲しいもの、それが民放なんです。(たぶん、笑)

よくテレビで「一部の地域をのぞき・・・・」とありますね。

あれほとんど宮崎のことらしい。特番の放送が半年後ってこともザラです。

笑えるのが、「MOKO’Sキッチン」

多くの宮崎人が、朝の番組の1コーナーであることを知らない。

なぜなら宮崎では、土曜日にMOKO’Sキッチンばかりをまとめて流し続ける30分番組になっていますから(涙)

 

さて、私の子供の頃、学校から帰る5時~6時頃までは宮崎の民放ではアニメやヒーローものが流れていました。6時からはニュースで7時からは、またアニメの時間。

5時から6時ごろのアニメは多くが、再放送分。なんせ2局しかないものですから、基本クラスのほとんどの子供がおなじ番組をみていました。明日で最終回という日は、番組終了後に「明日からは〇〇がはじまりまーす、おたのしみに!」と告知があるので、絶対に見逃せない日。

「何がはじまるっちゃろか?」とワクワクする小坂家のお茶の間の兄弟。

しかし、宮崎の民放のUMK様とMRT様はこの時間、毎回小坂少年の期待をことごとく裏切ってこられたのです。

 

アニメ「一休さん」

「トムとジェリー」

「はじめ人間ギャートルズ」

「ルパン三世」☚これは好きだった

これらはかなりのヘビロテ。

 

なかでも一休さんだったときはかなりがっかりでした。

7時からは、新作の放送だったので、これを見るために7時までにご飯を食べ終わるのが、小坂兄弟のルーティンだったのです。

いまではほとんどアニメをみない(ジブリやディズニーをふくめ)私も、小学生時代~中学2年くらいまではアニメ大好きでした。

 

宇宙戦艦ヤマトとか、ガンダムなどまさにど真ん中の時代ですから。

 

・・・・で話をちょっともどします。

私は小児歯科もやっている関係で、子供たちに今何が人気あるのか、会話をすることが多々あります。

はやりのアニメを観てもらいながら診療をしていますしね。

ようかいウォッチやアイカツも教えてもらいました。

 

・・・・・で最近の宮崎の子供たちがどんなふうにアニメをみているのか?と気になり新聞をチェック。

すると、今の放送時間はこんなふうになっているのです。

 

ある土曜日の朝↓

IMG_1153[1]

4:45仮面ライダー

4:52ドラえもん

5:30アンパンマン

5:15プリキュア

 

 

 

ある土曜日の深夜

IMG_1073[1]

深夜1:25 名探偵コナン

深夜2:44妖怪ウォッチ

 

 

 

いやーーー、宮崎の子供たちは早起きやし、夜ふかししてんなあ!!

お昼以降は、ほとんど子供向けのアニメをやっていないのです。

 

こんなに早く起きれるなあ!と思いましたが、これよく考えると違うんですよね。

きっと、ブルーレイの発達で録画の昨日が格段によくなり、子供向けの番組は、録画してみているはず!スタンスでテレビ局が設定しているのではないでしょうか?

「テレビが面白くなくなった」といわれる昨今ですが、ネットや便利な録画機能がかなり影響をあたえているんでしょうねぇ。

宮崎人をこてんぱんにしたいなら、そう!【忍法(民放)てれびイジリ】が一番破壊力あります(笑)

 

▲このページの先頭へ

ブログがオープンしました。