院長のブログ

今朝の報道番組でこんなことをいっていました。

以下インターネットから↓

 

受動喫煙で子の虫歯2倍 7万人超のデータ解析

 

 家族の吸うたばこの煙にさらされた子どもは、家族に喫煙者がいない子どもに比べて、3歳までに虫歯になる可能性が2倍になったとの研究結果を、京都大の川上浩司教授と田中司朗准教授らのチームが22日、英医学誌BMJに発表した。

チームは、神戸市で2004~10年に生まれた7万6920人のデータを解析。

その結果、家族に喫煙者がいる子は全体の55・3%おり、家族に喫煙者がいない子に比べて虫歯になる可能性が1・46倍になった。特に、面前で吸われる環境にあった子では2・14倍に高まったという。

 

↑ネットから

報道だと、受動喫煙が直接的にむし歯の原因になるといった感じです。

テレビでインタビューされた中年男性が「僕むし歯だらけで、明日歯抜くんですが、オヤジはかなりたばこを吸っていました。・・・でこのざまです」なんて言ってたんですね。

 

実は私これしらなかったんです。喫煙率と、むし歯の発生率にかんする報告ですね。喫煙が歯周病を悪化させることは歯科医師は皆しっていることです。

しかし、むし歯と直接(間接的ではなく)関係することは恥ずかしながら知りませんでした。

どうやら喫煙による口腔内の細菌層の変化と、唾液の緩衝能(唾液が中和させる機能)を低下させるなどの理由らしい。

一度は否定しててすみません。(汗)

受動喫煙させたラットにむし歯がふえたという研究があるらしい。

ここで私が気になったのは受動喫煙の3歳以下の子供のう蝕についてです。

 

ただ私はここで社会的背景を考えずにこの統計を鵜呑みにしてはいけないと思うのです。

親がたばこを吸う=子供がむし歯だらけ

 

という図式を簡単にあてはめるのはどうか?と。

 

こんな統計があります。

多子世帯の親:喫煙する親が多い。 こどもはむし歯が多い 

 

というもの。

 

このことは

親の喫煙=こどものむし歯の原因  ではなく、

 

多子世帯の親ほど喫煙率が高く、子供も多い傾向にあるため子供一人のむし歯予防に時間とお金をかけることができないために子供のむし歯がふえるという社会的な背景を表しているのです。

 

 

例え子供がひとりでも子供がむし歯にならないように

 

砂糖をあたえない

歯ブラシしっかりやる

フッ素する

食育に気をつける

むし歯の原因菌を親から子に伝播させないために箸などの使い回や、離乳食の口移しをしない

 

などなど毎日毎日やるのは大変です。

そもそも多くの大人でさえほとんどハミガキはできていません。

私は、実験室で受動喫煙が3歳以下のこどものむし歯を増やすという結論がでているとしても、これをこのまま家庭内の事象にはつなげていけないと思います。

いえ、こういうことが知れ渡ることでたばこを控えるようになるのは大歓迎です

 

でも親がたばこを吸うから自分はむし歯だらけだ!というねじまがった認識にすることはちょっと間違っていると思います。

親がたばこをすっていても、3歳までのこどものむし歯はゼロにできるからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲このページの先頭へ

ブログがオープンしました。