院長のブログ

結局、旅行の間、息子の病気とにらめっこして、ホテルの中でほとんどをすごし、観光もレジャーもまったくしませんでした。

まあ、本人は元気はあるのですが、なんせ食欲がないんです。

 

水を飲むくらいで、なんかどんどんやせていってかわいそうな感じ。

うちの子、2歳半なんですが、いちおう食べ物には気をつけていて、できるだけ添加物のないものをえらんだり(外食はしかたがない) しています。

とくに砂糖には気をつけていて、まだ砂糖がはいったお菓子類はほとんどあげていません。

むし歯予防のためもありますが、3歳くらいまでに砂糖の味をできるだけ覚えさせなければ、将来甘いものにたいする欲がすくなくなると聞いたからです。

100%ジュースもほとんど飲んだことないし、まだ甘いものの存在を知らないんです。だからスーパーのお菓子コーナーでもあまり興味をしめしません(キャラクターの絵柄だけ)

飲み物は水かお茶。ときどき牛乳。今年かき氷もデビューしましたが、シロップなし。でもすごく喜んでいました。

3歳までは食べさせないと誓い、育ててきたんですね。

でも、沖縄であまりに食欲がなく、ご飯を食べてくれなかったので、帰りの空港でとうとうその世界をデビューさせてしまいました。

IMG_0592[1]

こういうときだから仕方がないか・・・。

 

やっと1/3くらい食べてくれました。帰宅後も1回だけアイスクリームを食べさせました。

連休最後には熱は下がり食欲もでてきましたが、今だに咳はでています。肺炎でしたからねぇ(泣)しばらくは咳がつづくらしい。

 

まあ、これくらいですんでよかったと考えるべきか・・・。

これをきっかけに「アイス、アイス」とほしがったらどうしようかと思いましたが、どうやら朦朧としていたのであまりアイスクリームの記憶はないらしい(笑)

砂糖って、なくても死にはしないんですよ。でも知ってしまうと麻薬のようにやめられない。

 

三つ子の魂100まで

「三歳児の砂糖100歳まで」と、ある先生がおっしゃっていました。

①できるだけ、子供の小さい頃に砂糖を覚えさせないこと。

②体調の悪い時に無理に沖縄にいかないこと。

 

この2つは家訓にしておきます(笑)

▲このページの先頭へ

ブログがオープンしました。