院長のブログ

記事一覧

  1. 以前かきました。

    息子や嫁の顔に泥をぬることがないよう、普段から大人としての行動をしなければいけません。

    警察さんのご厄介になるようなことがあってはならないのです。

    しかし、歩行者の飛び出しにより交通事故を起こしてしまう可能性だってあります。

     

    最近話題の、痴漢冤罪だってそう。

    自分が悪くなくても犯罪になってしまうことがあるんですから。

     

    さて今週、日 月 火とお休みをいただき墓参りに行ってきました。

    小坂家の墓は長崎にあります。

    長崎ですが、もうとにかく遠い。

    飛行機と電車を乗り継いで、約4時間 グアムのほうが早い距離。

     

    そのためなかなか墓参りにはいけません。

    今回も2~3年ぶり。いやなかなか疲れます。

     

    そのついでにハウステンボスに宿泊。20年近くぶりでしたが、子供も喜んでなかなか楽しかったですよ。

    そして最終日の食事は、佐世保にいったら絶対にいってみたかったお店

    「貝族 曽根崎」貝好きにはたまらないお店

     https://retty.me/area/PRE42/ARE236/SUB23601/100001169326/

    いろいろな貝をやいて食べさせてくれます。

    もうとーってもおいしかったのですが、弟のこどもと合わせ小さい子が3人もいたので、もうお店がひっちゃガチャ。

    ぐずってたり泣き出したりで、迷惑をかけてしまいました。ごめんなさい

     

    食後、すぐタクシーに乗ってホテルへ向かったのですが、タクシーの支払いで私の財布がないんです。

    お店を出るときはあったのに。

    青ざめました。

    あの財布にはすべてのものが入っている。

     

    クレジットカード4枚

    皆から預かった現金約16万

    健康保険

    ハウステンボス入場券

    免許証

    銀だこのスタンプカード(笑)などなど。

     

    どうしよう。

    ハウステンボスに入れないため、私ひとりゲート前にのこり、ほかの人間は先にホテルにもどってもらいました。

    途方にくれて、待っていたらホテルの方が迎えに来てくださり、なんとかホテルに帰ることはできました。

     

    さてどうしたもんだろう。

     

    私の電話に突然しらない番号が通知されていました・

    「コサカタカフミ様でしょうか?」声の主はダイナーズカードのオペレーター。

    「小坂様の財布が佐世保警察署に届けられております」ですって。

     

    どうやら、店をでて店の前で写真を撮ったときにおとしたらしい。

    次の日の早朝、警察署に出向きましたよ。

    犯罪したわけではないけれど、なんだか悪いことをした気分

     

    担当の女性が決まり通りに財布の中身の確認作業を行いました。

    DSCF4719

    なんと、現金も、クレジットカードも、銀だこのカードも無事。すべて届いていました。

    なんていい人だ。

     

    滝川クリステルさんが、「日本は財布を落としてもほとんどがもどってきまース。お、も、て、な、し」っておっしゃっていましたが、ほんとだ。

    日本そして日本人ってすばらしい。

     

    警察署の担当の女性から、「ひろってくれた方にお礼をしてください」と言われました。

    相場は大体5%~20%らしい。

     

    拾ってくれた方の名前と住所、携帯の番号のひかえをもらいました。

    ん?レ〇パレスにすんでいるってことは、若い人じゃないか。しかも女性ね。

     

    お礼をさせるためとはいえ、こんなの教えちゃっていいのかしら。

    個人情報だし、ストーカーになる危険だってあるし。

     

    本当はすぐにでも電話したほうがよかったのかもしれませんが、宮崎に帰宅後手紙を書くことにしました。

    感謝のことばとあわせて、「電話すべきかもしれませんが、しらないおじさんから電話がきたら気持ち悪いでしょうから、失礼ながらお手紙にさせていただきました」と付け加えました。

    お礼をどうしたらいいのか、何が適切なのかわからなかったのですが、

    商品券を2万円分送らさせていただきました。

    DSCF4720

    すべてが完璧にかえってきたことを考えると少ないかもしれませんが・・。

     

    とにかく、親切な女性にほんと感謝

     

     

     

▲このページの先頭へ

ブログがオープンしました。