記事一覧

  1. 私は歯科を生業とし、歯科治療をすることで毎日のご飯を食べることができ、ビールをのみ、映画をみに行くことができています。

    医科、歯科、看護など医療というのは、よく考えると複雑な職業。

     

    人が困っていること、人の不幸(病気など)を、悪く言えば飯のタネとしている職業です。

     

    風邪をひく人がいるから、内科の先生は収入があり、脳の病気があるから脳外科の先生は生活が成り立つんです。(これ極論ですよ)

    歯科の場合、むし歯や歯周病が存在するから仕事として成り立つわけです。(このようなセリフはあくまで極論ですので誤解のないように・・・)

    つまり、医師や歯科医師、薬剤師、獣医師などなど、病気や怪我というものがこの世から消えてしまえばこれらの職業は必要なくなるんです。

     

    人間が病気には一切ならず、腕を切断するような大けがをしても、SFアニメのように、その場でにょきにょきと腕が再生してくるようになったら・・・・。

     

    死ぬときは、まさにピンピンコロリ、一瞬で最期・・・。

     

     

    すべての人が長生きすることによる弊害という論議はおいといて・・・,病気や怪我で苦しんでいる方からすればなんて素敵なことなんでしょう・・・。

     

    要するに、病気や怪我による不幸という視点だけで考えれば、医師や歯科医師、看護師、などが必要とされない世の中のほうが本来はいいはずです。

     

    今医療関係で働いている方は、病気や怪我で苦しんでいるために一生懸命働いているわけですが、その反面、明日から、一切の病気や怪我がこの世から消えてしまったら、家族を養っていくことはできないわけです。(こういう考え方って、私がひねくれているからそう思うのかもしれませんね)

     

    そういう矛盾した中でどういう風に医療にたずさわってゆけばいいのか、私は自問自答します。

     

    今週、ある一般の方から質問をうけました。

    「むし歯がなくなると困るから、フッ素予防に反対している歯科の先生がいるって本当ですか?」と。

     

    確かにそういう考えがあるということは、聞いたことがあります。残念ですが。

     

    でも私は信じています。95%以上の歯科医師はむし歯をなくしたいと思っている、と。

     

    癌の治療で生計をたてている医師でも、きっと「癌をこの世からなくしたい」と思って日々医療にとりくんでいらっしゃるでしょうし、毎日看護に従事している看護師さんは、できるだけ患者さんに早く治ってもらい退院してくれることを望んでいるはずです。

     

    もし仮にこの世からむし歯がなくなって、歯周病がなくなって、入れ歯の人もいなくなって、インプラントも必要なくなる時代がきたら、私はどうするか・・・。

     

    それはそれとして人類にとってはよいことですから、その時は歯科医師という職業がこの世からなくなることが必然ですし、私は歯科医師を引退して静かに老後を過ごします。(妻に先立たれたおでん屋のおやじとして・・・)

     

     

    医科、歯科、薬科(数年前までは4年)など大学は6年制です。

    なんで6年もあるのか?と疑問になる学生は多いと思います。教育課程での英語や数学、体育の時間など省略していけば4年でも国家試験にうかる学生の数はあまり変わらないとおもいます。

     

    神童とよばれるようなものすごく優秀な子供だったら、もしかしたら国家試験の勉強だけをして医師国家試験や獣医師い試験の点数をとることは可能かもしれません。

    アメリカで小学生が飛び級で、超一流大学に入学したということは、よく聞く話です。

     

    つまり試験だけで資格が取れるならば、小学生でももしかしたら・・・ということです。

     

     

    でも最近思うんです。

    6年かけて学生が学ぶ最大のことは何か・・・・・。

     

    治療のノウハウ?薬の組成?細胞や器官の知識?

     

     

    いえいえそんなことよりも、

    『医療という神聖なものに、これからたずさわっていくという心構えと倫理観』なんじゃないかって・・・。

     

     

    6年という長い期間をかけて高校を卒業したての若者が、徐々に立派な顔に成長していくんだと思います。大学1年のころ、後ろの席で授業中寝てばかりいたやつらが、今大活躍してるもんな。

     

     

    営利目的でこの仕事をしているのなら、悪くない歯をどんどん削って、安い材料を使って、できるだけ短い時間、期間で適当に終わらせるのが一番です。

    でもそんな人は少なくとも私の知っている歯科医の中に一人もいませんし、95%以上の日本の歯科医師は倫理観をもってこの仕事をしていると私は思っています。

     

     

    むし歯をなくすために、皆さんフッ素予防しましょうね!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

  2. これまで水曜日は基本的に休診でしたが、4月からスタッフが交代で水曜日も診療しています。

    水曜日希望の方はお申し出くださいませ。

▲このページの先頭へ

ブログがオープンしました。